パーツ変更で注文住宅の値引き交渉をしよう

パーツ変更で注文住宅の値引き交渉をしよう

パーツ変更で注文住宅の値引き交渉をしよう

 

パーツ1つの変更で数万円の違いが出てくることも

 

 

せっかくの注文住宅なのにこだわりの仕様を諦めるのは嫌という人の場合は、住まいに利用する各パーツの見直しから値引き交渉をしていくことをおすすめします。

 

 

 

例えば注文住宅だと玄関ドアなどは、見積もりの段階で非常に質の良いものを提案されますが、これのグレードを1つ下げるだけで10万円弱価格が変わってくることもザラです。

 

 

 

住まいの顔となる玄関ドアですからあまりチープなものを選ぶわけにはいきませんが、必要以上に立派なものを取り付けるのはやはり贅沢ですし、勿体ないとも感じます。

 

 

 

納得できるグレードであれば1モデル前のものでもなんら遜色なく利用できますから、こういった点で賢くコストダウンしていってください。

 

 

 

同じように窓や手すり、断熱材などのといったパーツを見直していくと、これだけで100万円近く値引きができてしまうこともあります。

 

自分で調達してくればコストをより安く抑えられる

 

例えばシステムキッチンなどは、専用のメーカー品などを利用するのが一般的です。しかしこういったものはホームセンターや家具店などでも購入することができ、自分で調達しそれを取り付けてもらうこともできます。

 

 

 

システムキッチンメーカーの最新モデルともなればそれだけで100万円近い価格がすることも珍しくありませんが、ホームセンターのプライベートブランドであれば最上級品を選択してもその半分近い価格で済んでしまったりします。

 

パーツ変更で注文住宅の値引き交渉をしよう

 

こだわりがあるというのであればメーカー品を選んだ方が良いでしょうが、特に思い入れは無くシンプルなもので充分というのであればこういったものでも充分間に合いますから、上手に調達して値引き交渉を行ってみてください。

 

安くなる理由が明確だからより安心

 

使用するパーツを見直す値引き交渉は、1つ1つの価格こそ数万円から10万円単位でしかコスト削減をしていくことができないものの、安くなる理由が明確であるため、心配がいりません。

 

 

 

材料費や施工費を削るとなると、住まいの強度や手抜き工事といった問題が心配になりますが、パーツの見直しであればこういった点には一切変更が生まれないため、安心なのです。

 

 

 

直しが効かない部分では無く取り替えが可能な部分であるため、もし住み始めてから問題が起きた場合でも対処をしていくことができます。

 

 

 

注文住宅は見直せる項目が非常に多く、小さな部分からコツコツ削り大きな金額にしていくこともできるので、手間はかかっても賢く値引き交渉を行っていくことをおすすめします。