注文住宅の値引き交渉は仕様変更で上手に話し合って

注文住宅の値引き交渉は仕様変更で上手に話し合って

注文住宅の値引き交渉は仕様変更で上手に話し合って

 

手間のかからない仕様にすればそのぶん値引きしてもらえる

 

注文住宅を建てるとなると様々な部分に費用がかかってくることになります。

 

 

 

一概に材料費や施工費などばかりから値引きを交渉してしまうと住まいの質に影響が出てきてしまいますが、それを防いで少しでもお得に済ませるためには、住まいの中の細かな部分の仕様を変更するというのも1つの手です。

 

 

 

施工に手間がかかる部分というのはそれだけお金もかかりますから、そういった部分を上手く削っていくようにしてください。

 

 

 

例えば壁の埋め込み棚やトイレのカウンター、キッチンの壁タイルをキッチンパネルにするなど、こういった変更をするだけでも大きなコスト削減になります。

 

 

 

より費用の掛からない仕様にすれば、それだけ値引き交渉にも応じてもらいやすくなるので、ぜひこういった形でも価格交渉を行ってみてください。

 

DIYが得意な人なら住み始めてからいくらでも手を加えていける

 

せっかく注文住宅で住まいを建てるのに仕様にこだわれないのはもったいないと思う人もいるかもしれませんが、こういった細かい部分の仕様というのは、意外と住み始めてから何とかしていけるものです。

 

 

 

特に器用な人の場合、棚やタイルの取りつけなどは後からいくらでもできてしまいます。

 

注文住宅の値引き交渉は仕様変更で上手に話し合って

 

今はDIY用の材質も良いおしゃれなアイテムも多々揃っているので、後からいくらでも取り付けることは可能ですし、また住み始めてからの方がより便利な仕様に必要なものを取りつけられたりもするのでメリットも大きいです。

 

 

 

埋め込み式の棚やタイル張りなどは1カ所ごとに10数万円ずつコストカットになることもあり、数を削っていけば100万円単位の違いが生まれてくることにもなるので、上手く交渉材料にしていってください。

 

屋外の仕様変更はコストダウンに最適

 

住まいの中の仕様はあまり削りたくないという場合には、屋外の仕様変更で値引き交渉にあたっていくのも良い方法です。

 

 

 

アプローチの植栽や装飾、敷石の種類を変える、置き石を止めるといったことだけでも大幅なコストダウンは可能です。

 

 

 

具体的な仕様変更の他、50万円分削ってデザインを考え直してほしいなどといった風にお願いをすれば、全体の費用を抑えて改めて提案をしてもらうことができます。

 

 

 

全体の印象はシンプルになってしまいますが後から自分の趣味で手を加えていくことができるなど楽しみも増えてくるので、こういった部分での値引き交渉もぜひ行ってみてください。