注文住宅は大手ハウスメーカーの方が値引き交渉しやすい

注文住宅は大手ハウスメーカーの方が値引き交渉しやすい

注文住宅は大手ハウスメーカーの方が値引き交渉しやすい

 

大手の方が値引きを受けてくれやすい

 

注文住宅はハウスメーカーから不動産会社、工務店など様々なところに依頼することができますが、せっかく依頼をするなら少しでも値引き交渉に応じてくれる業者を選びたいものです。

 

 

 

そうなるとやはりおすすめなのは大手ハウスメーカーで、こちらであればより無理とも思える値引き交渉が通る可能性も高くなります。

 

 

 

より良い住まいを可能な限りお得に建てるためには、少しでもその確率が高くなる相手を選ぶことが最初のポイントになってきますので、交渉をする相手をどこにするか見極めることは大変重要です。

 

 

 

大手ハウスメーカーは注文住宅においても標準仕様やカタログが充実している、こちらから言わなくても値引きのもちかけがある、値引きするための提案など様々なノウハウに長けています。

 

 

 

当たり前のように値引き交渉に乗ってもらえますから、スムーズに話を進めていけるでしょう。

 

決まらなければゼロの隙を突いていこう

 

メーカーにとっては、どれだけ様々な提案をしても時間をかけても、最終的に契約をとることができなければ利益はゼロです。そのため契約をとれるよう、購入者側の様々な要求に対して譲歩する努力をしてくれます。

 

注文住宅は大手ハウスメーカーの方が値引き交渉しやすい

 

値引き交渉においてあまり大きな金額をお願いするのは悪いのでは、多少高くても仕方ないのではと思ってしまう人もいるかもしれませんが、実際にはメーカー側においてこういった声を受けるのは当然のことであり、想定の範囲内でもあります。

 

 

 

逆にこの契約をとりたいという隙を上手に突いていかないと賢く注文住宅を依頼することはできず、遠慮してしまう人ほど損をしますから、交渉に応じてもらいやすい大手メーカーを相手にぐいぐいお願いをしていきましょう。

 

大手メーカーなら施工の手抜きも心配ない

 

あまり大きな金額の値引きをお願いすると、手抜き工事が心配という人も出てくるでしょう。

 

 

 

しかし、大手メーカー、特にハウスメーカーの場合、下請け会社に支払う金額というのはすでに決まっており、値引き交渉において被る損失については自社の仕入れや利益を削っていくことになります。

 

 

 

そのため、値引きをしてもらったがためにいい加減な仕事をされてしまったというようなことはありませんから、安心してください。

 

 

 

小さな工務店や建築家の場合はそうはいきませんが、母体の大きなハウスメーカーであれば、多少の値引きは全体の損失に比べたら小さなもので済みますから、こういった心配をする必要は無いのです。