注文住宅の値引き交渉が難しい時はオプションの相談を

注文住宅の値引き交渉が難しい時はオプションの相談を

注文住宅の値引き交渉が難しい時はオプションの相談を

 

こだわり部分を削れないならオプションで交渉を

 

注文住宅を建てたい人というのは、住まいへのこだわりが強いことが当然です。自分の思い描く理想の住まいを実現するため、住まいの随所に「こうしたい」という願望を持っています。

 

 

 

そういった思いは値引き交渉の時になかなか捨てきれず、メーカー側のこうすれば値引きできますなどといった譲歩にもなかなか乗れない原因になってしまいますが、

 

 

 

そういう場合はいっそ自分のこだわりを貫いて、値引きを諦めオプションで得ができるよう交渉することをおすすめします。

 

 

 

コストが削れなくても、オプションがプラスされればこれは得であることは違いありませんので、上手に交渉をしていきましょう。

 

オプションはハウスメーカー側の値引きが少なくて済む

 

値引きが難しいのにオプションの交渉が上手くいくものなの?と思う人もいるかもしれませんが、オプションというのはハウスメーカー側にとって仕入れ分だけの損失で済むため、値引き交渉よりも受け入れてもらいやすいのです。

 

 

 

例えば100万円値引きしてくれと言われればこれはメーカー側の利益が100万円減ることになりますが、100万円かかるオプションを無料にするとなると損失を仕入れ分の金額だけで済ませることができるのです。

 

注文住宅の値引き交渉が難しい時はオプションの相談を

 

この価格のままで良いので無料でオプションをつけてくれませんか?などと話を持ちかけると高確率で何か提案をしてもらうことができますから、ぜひ実践してみてください。

 

交渉の前にアプローチしておけばメーカー側から話をもちかけてくれることも

 

上手に無料オプションの交渉をするためには、一番最初に希望を伝える段階で、どのようなオプションを検討しているかということをよく伝えておくことがポイントです。

 

 

実際に住まいに取り入れていくものを決めたり値引き交渉をしていくうちにこういったオプションはどんどん諦めていくことになりますが、

 

 

 

値引き交渉も最終段階になっていくとお互いにどちらも譲れなくなり、ハウスメーカー側から、以前諦めたオプションを無料でつけるので今の価格でどうですか?などと話をもちかけてくることもよくあります。

 

 

 

自分の欲しいものを相手に印象づけておけば最後の交渉材料として利用できる可能性が出てきますから、これについては積極的にアピールをしてみてください。

 

 

壁面タイル施工やウッドデッキなど、ちょっと贅沢したいようなオプションをアピールしておくと、思いがけず無料でつけられるかもしれません。