注文住宅の値引き交渉はコストダウンに注目

注文住宅の値引き交渉はコストダウンに注目

注文住宅の値引き交渉はコストダウンに注目

 

材料費や施工費を上手に削っていこう

 

注文住宅の値引き交渉において一番話をしやすいのはやはり材料費や施工費です。注文住宅はリッチな住まいとなることが当然であるため、使用する材料の1つ1つが高価であったり、そのために施工費にもお金がかかってしまいがちです。

 

 

 

しかし材料にかかる費用を削ることができれば、トータルでかかる金額も100万円単位で抑えていくことが可能になります。

 

 

 

最高級の材料を利用すればもちろん凄い住まいが建ちますが、果たして本当にそこまでの価値を求める必要があるかといったことを見直していくと、上手にコストを抑えていくことが可能です。

 

 

 

材料のグレードを見直し、施工費を削ってもらうようにすれば、より効率良く値引きをしてもらうことができるでしょう。

 

見積もりが低い会社の価格に合わせて下げてもらえるよう交渉

 

特に施工費については、各社の見積もりを比較してより低い価格の会社に合わせてもらうよう交渉することをおすすめします。なぜ他社より高いのかということを質問し、説明を受けた上で交渉にあたるようにしましょう。

 

 

 

材料費などよりも交渉がしやすく価格も削ってもらいやすいので、注文住宅の値引きにおいてこのポイントは欠かすことができません。ただ材料費などのように大きな金額を削ることはできないので、この点については心得ておきましょう。

 

注文住宅の値引き交渉はコストダウンに注目

 

各所の施工費を少しずつ削ることができれば最終的にはある程度まとまった額を引いてもらうことができますから、細かい部分を1つ1つ丁寧に話し合うようにしてください。

 

 

 

ただ、他社の価格を圧倒的に下回るような金額でお願いをしてしまうと手抜き工事などのトラブルにもなりかねませんので、少しでも抑えた価格でお願いできないかといったスタンスで臨むことが大切です。

 

材料費の削り過ぎには注意を

 

大きな値引きが期待できる材料費の交渉ですが、材料の質はそれがそのまま住まいの質に反映されるため、あまりにも安い価格で済ませてしまうのは大変危険です。

 

 

 

材料費というのは言ってしまえばいくらでも安くすることは可能で、最低の質のものを使えば最高級の材料を使った場合の半値近くに抑えることだってできてしまいます。

 

 

 

しかし住まいというのは安く済めばそれでいいというものでは無く、安心、安全に暮らせなければならないものです。

 

 

 

安くすることに夢中になってしまうとこういった点で痛い目を見ることになりますから、住まいの質の確保という点については忘れることなく、賢く交渉に当たっていくようにしてください。