注文住宅の値引き交渉を成功させるカギは話し合い

注文住宅の値引き交渉を成功させるカギは話し合い

注文住宅の値引き交渉を成功させるカギは話し合い

 

注文住宅の話し合い

 

注文住宅の大きなメリットは自分の好きなようにカスタマイズすることができるということです。何LDKが良いのか、どのくらいの広さが必要か、収納はどのくらい必要か、何階建てか、どんな構造が良いのかなど、挙げればきりがありません。

 

 

 

こうした条件を上げる中で、実際にかかる費用と予算を見比べる必要があります。ではどうすれば数十万円もしくは数百万円単位の値引き交渉を成功させることができるのでしょうか。

 

徹底的な話し合い

 

非常に重要でありながら意外と見落とされがちなのが、徹底的な話し合いです。まずは自分と子どもたちを含めた家族で、どんな家がいいのかをしっかりと話し合いましょう。

 

 

 

家の広さ、間取り、子どもたちの部屋は必要か、どんな目的で作るのかといったことを事細かに、徹底的に話し合います。この時にはまだハウスメーカーなどに相談しません。

 

注文住宅の値引き交渉を成功させるカギは話し合い

 

なぜならハウスメーカーなどは、自社のプランの範囲内でしか顧客に提案することはできないからです。まずは自分たちの譲れない希望を明確にしておくことが非常に重要です。

 

 

 

その中で優先順位を定めておけば、値引き交渉に役立てることができます。絶対に譲れない条件と、場合によってはなくても良いという条件を分けて考えておきましょう。

 

値引き交渉は根気強く

 

注文住宅の値引き交渉は非常に難しいと言われています。というのは、建売住宅と異なり定価が決まっているわけではないからです。さらに自分の希望をかなえようとすれば、それだけ費用が掛かってしまいます。

 

 

 

その中で値引き交渉を成功させるためには、先ほどの徹底的に話し合った優先順位が重要になります。

 

 

 

つまり値引き交渉の際には絶対に譲れない条件を伝え、その見積もりを出してもらったうえで、他の条件を付けていくことで予算の範囲内に収めることができるからです。

 

 

 

根気強さも必要で、担当者はいつでもそこまでが限界の値引きだと言うでしょう。しかし実際には値引きできる余地があることがほとんどで、根気強く交渉することで、より大きな値引きを引き出すことができます。

 

 

 

そのためには複数の会社から見積もりを取ってその比較によって交渉することができます。そうして優先順位の高い条件が揃ったなら、後はそこまでこだわらずに交渉を終えた方が賢明です。

 

 

 

あまりに値引きにこだわると工事の質自体が下がってしまうことがあるからです。優先順位と根気強さによって、できる範囲で最大限の値引きを勝ち取ることができるようにしましょう。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉を成功させるためには担当者の人柄を見極める
注文住宅の値引き交渉を成功させるためのカギの一つが見積もり担当者の人柄や経験を見極めることです。見積もり担当者は顧客や職人などとも交渉することになるので、できるだけ経験豊富で人柄の良い担当者を見つけることが重要であるということを説明します。
注文住宅の値引き交渉を成功させるためにはまず土地選びから
注文住宅が成功するかどうかは、土地選びの時点ですでに始まっています。住宅会社と不動産会社に協力を依頼するメリットとデメリットについて説明し、それをどのように値引き交渉につなげることができるのかを説明します。
注文住宅で値引き交渉をするなら一括見積サイトを活用しよう
注文住宅を建てる際に複数の会社から見積もりを取るということが重要です。労力や時間を節約するために一括見積サイトを利用することができます。一括見積サイトを利用する時のメリットとデメリットについて説明します。
建売と注文住宅の違いを知って値引き交渉に役立てよう
建売住宅と注文住宅にはそれぞれメリットとデメリットがあります。注文住宅の場合、自分の希望をかなえられるメリットと、値引き交渉が難しいというデメリットがあります。値引き交渉を成功させるためのコツについて説明します。
30坪程度の注文住宅で値引き交渉をする
注文住宅というと非常に大きな住宅を連想するかもしれません。しかし中には30坪程度の面積の注文住宅を請け負っているメーカーもあります。こうした小さな注文住宅を建てる際の値引き交渉に使える要素について検討します。
注文住宅の値引き交渉を成功させるためにできること
注文住宅の値引き交渉は、自分がどのくらい具体案を示せるかにかかっています。家の面積や工法、家の形などを工夫したり、DIYするだけで大幅に費用を節約することができます。その方法と効果についてまとめました。
注文住宅の値引き交渉には四つの種類がある
値引きと一言で言っても四つの種類があります。バリューエンジニアリング、コストダウン、査定そして出精値引きです。それぞれの値引き方法ががどんな値引きなのかを説明し、注文住宅の値引き交渉に役立つ情報を提供します。
注文住宅の値引き交渉をすべきタイミング
注文住宅の値引きはタイミングが非常に重要です。値引きを住宅会社にお願いするタイミングは大きく分けて三つあります。その三つのタイミングについて説明し、どのように値引きを引き出せるか、その秘訣について考慮します。
注文住宅を契約した後にできる値引き交渉術
注文住宅では契約前に値引き交渉を行うものの、契約後に金額が高くなってしまうということもあります。契約後に金額が引き上げられても予算内で対応できるようにする方法があります。その方法について説明し、活用方法を考えます。
注文住宅の値引き交渉を成功させて質の高い仕事をしてもらうには
注文住宅で値引き交渉をすると手抜き工事をされてしまうのではないか、質の悪い材料を使われるのではないかと不安になる方もいます。そこで、どんな方法を使えば値引き交渉をしながら質の高い仕事をしてもらえるかを説明します。