30坪程度の注文住宅で値引き交渉をする

30坪程度の注文住宅で値引き交渉をする

30坪程度の注文住宅で値引き交渉をする

 

注文住宅の坪

 

注文住宅というと、どうしても広い家を想像してしまうことでしょう。あたかも豪邸のような注文住宅を想像して、それでは値引き交渉ができないと諦めてしまっている人も少なくありません。

 

 

しかしそれほど広い家でなくても注文住宅を作ることは可能ですし、工夫を凝らせばそれほど不便な思いをせずに生活することができるのです。値引き交渉を成功させるために家の広さを調節するということができるかもしれません。

 

30坪の注文住宅は可能?

 

注文住宅は別に大きな住宅だけに限られているというわけではありません。例えば30坪の注文住宅についてはどうでしょうか。30坪というと約99平方メートルという広さです。

 

 

 

注文住宅の面積の全国平均は223.5平方メートルだと聞くと、かなり狭いように感じるかもしれません。確かに一般的な注文住宅は40坪から60坪というのが一般的です。

 

 

 

しかし多くのハウスメーカーの広告を見てみると30坪の注文住宅も十分可能であることがわかります。

 

30坪程度の注文住宅で値引き交渉をする

 

狭小住宅と呼ばれる住宅は30坪の注文住宅の半分程度、15.13坪であることを考えると、30坪程度の注文住宅でも住むには十分であると考えられます。

 

 

 

しかも現在ではいろいろな工夫が凝らされており、30坪ほどの注文住宅であることを感じさせない造りにすることも可能です。不便を感じるどころか、むしろ十分余裕のある住宅設計ができるでしょう。

 

30坪の注文住宅で値引き交渉を

 

30坪前後の注文住宅の場合、使用する材料や人件費などについて値引き交渉をすることができます。当然住宅が小さければそれほど材料費や人件費がかかりません。

 

 

 

その点を指摘して数十万円から数百万円の値引きを引き出したという方も少なくありません。さらにこうした注文住宅の場合には土地の費用もそれほど掛からないので、全体の建設費用を節約することも可能です。

 

 

 

いくつかの住宅会社の見積もりを比較して、値引き交渉をすればより低価格で注文住宅が手に入るかもしれません。ただし注意点もあります。

 

 

 

30坪ほどの面積で注文住宅を建てる場合には、より多くのスペースを確保するために二階建て、三階建ての住宅を勧められることがあります。

 

 

 

そのようなケースでは建築コストがより多くかかってしまい、最終的に費用が割高になることもあるのです。ですから見積書の段階で、どのくらいの費用が最終的にかかるのか、値引き交渉ができる余地がないかを検討するようにしましょう。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉を成功させるためには担当者の人柄を見極める
注文住宅の値引き交渉を成功させるためのカギの一つが見積もり担当者の人柄や経験を見極めることです。見積もり担当者は顧客や職人などとも交渉することになるので、できるだけ経験豊富で人柄の良い担当者を見つけることが重要であるということを説明します。
注文住宅の値引き交渉を成功させるためにはまず土地選びから
注文住宅が成功するかどうかは、土地選びの時点ですでに始まっています。住宅会社と不動産会社に協力を依頼するメリットとデメリットについて説明し、それをどのように値引き交渉につなげることができるのかを説明します。
注文住宅で値引き交渉をするなら一括見積サイトを活用しよう
注文住宅を建てる際に複数の会社から見積もりを取るということが重要です。労力や時間を節約するために一括見積サイトを利用することができます。一括見積サイトを利用する時のメリットとデメリットについて説明します。
建売と注文住宅の違いを知って値引き交渉に役立てよう
建売住宅と注文住宅にはそれぞれメリットとデメリットがあります。注文住宅の場合、自分の希望をかなえられるメリットと、値引き交渉が難しいというデメリットがあります。値引き交渉を成功させるためのコツについて説明します。
注文住宅の値引き交渉を成功させるためにできること
注文住宅の値引き交渉は、自分がどのくらい具体案を示せるかにかかっています。家の面積や工法、家の形などを工夫したり、DIYするだけで大幅に費用を節約することができます。その方法と効果についてまとめました。
注文住宅の値引き交渉を成功させるカギは話し合い
注文住宅の値引き交渉は難しいのですが、絶対に譲れない条件とそうでない条件を分けることである程度引き出すことができます。値引き交渉jに根気強さが必要な理由と、家族で徹底的に話し合った結果の使い方について説明します。
注文住宅の値引き交渉には四つの種類がある
値引きと一言で言っても四つの種類があります。バリューエンジニアリング、コストダウン、査定そして出精値引きです。それぞれの値引き方法ががどんな値引きなのかを説明し、注文住宅の値引き交渉に役立つ情報を提供します。
注文住宅の値引き交渉をすべきタイミング
注文住宅の値引きはタイミングが非常に重要です。値引きを住宅会社にお願いするタイミングは大きく分けて三つあります。その三つのタイミングについて説明し、どのように値引きを引き出せるか、その秘訣について考慮します。
注文住宅を契約した後にできる値引き交渉術
注文住宅では契約前に値引き交渉を行うものの、契約後に金額が高くなってしまうということもあります。契約後に金額が引き上げられても予算内で対応できるようにする方法があります。その方法について説明し、活用方法を考えます。
注文住宅の値引き交渉を成功させて質の高い仕事をしてもらうには
注文住宅で値引き交渉をすると手抜き工事をされてしまうのではないか、質の悪い材料を使われるのではないかと不安になる方もいます。そこで、どんな方法を使えば値引き交渉をしながら質の高い仕事をしてもらえるかを説明します。