注文住宅の見積書を細かくチェックすれば値引き交渉ができます

注文住宅の見積書を細かくチェックすれば値引き交渉ができます

注文住宅の見積書を細かくチェックすれば値引き交渉ができます

 

注文住宅の見積書のポイント

 

注文住宅を作る際には複数の会社から見積もりを取らなければなりません。数千万円単位のお金がかかる一大プロジェクトですから、できるだけ多くの会社を比較してもっとも自分の希望を叶えてくれる企業を見つけるようにしたいものです。

 

 

 

では複数の会社から見積書が出されたなら、どんな点を見ていく必要があるのでしょうか。どのようにして値引き交渉を進めていくことができるのでしょうか。

 

内訳をしっかり確認しよう

 

見積書を手にしてチェックすべきなのが内訳書です。一つ一つの工事のどのくらいのお金がかかるのか、どんな工事が必要になるのかということが細かく書かれています。

 

 

 

この内訳を比較するだけでもどの会社が信頼できるのか、どの会社が自分の希望を叶えてくれるのかをチェックできます。

 

 

 

一つ例をあげましょう。注文住宅に限らず住宅には断熱工事が必要です。断熱工事がなければ冬の暖房の暖かい空気や夏の冷房の涼しい空気が家の外に逃げていってしまいます。

 

 

 

もし三つの会社に見積もりを依頼して、この断熱工事がそれぞれA社100万円、B社150万円、C社300万円だったとします。これだけを見れば、A社の100万円がもっとも安く、工事を依頼したくなるかもしれません。

 

注文住宅の見積書を細かくチェックすれば値引き交渉ができます

 

しかしどんな断熱材を使うのかを確認する必要があるのです。もしA社とB社が同じ断熱材、C社がさらに品質の高い断熱材を使っている場合はどうでしょうか。

 

 

 

C社の工事費が高いというのはうなずけます。一方でA社とB社の50万円という大きな価格の差が気になります。

 

 

 

可能性として考えられるのは、A社の断熱材はB社と同じと言いながら品質の悪いものを使っている、B社が利益を上げようと価格を釣り上げているといったことです。

 

 

 

もしA社がきちんとした材料を使いながら価格を抑えているのであればA社に依頼することができますし、A社が黙って質の悪い材料を使おうとしているのであればB社に依頼した方がいいでしょう。このように見積書や内訳書をさっと見ただけではわからないことが多くあります。

 

質問をして納得いくまでチェックするべき

 

もし見積書などを見て不明な点やもっと知りたい点があれば、きちんと質問をして納得すべきです。数千万円単位のお金がかかるのですから、すべてにおいて納得したうえで仕事を依頼すべきでしょう。

 

 

 

断熱材のことだけでなく、いろいろな材料、工事について、どの会社が自分の希望を低価格でかなえてくれるのかを基準に選ぶ必要があるのです。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉は難しい
注文住宅の値引き交渉は、建売の住宅を買う時よりも難しいと言われています。その理由は注文住宅の最終的な価格が決まっていないからです。建売住宅と注文住宅の値引き交渉の違いと、値引きの注意点についてまとめました。
注文住宅の値引き交渉をする方法
注文住宅の値引き交渉はとても難しいものです。しかし計画変更によって費用を節約することはできます。計画変更が値引きへの近道なのですが、それ以外にもしっかりと希望の金額を伝えることで値引きに成功することもあることを説明します。
注文住宅の値引き交渉するために知っておくべき費用
注文住宅の建築に必要な費用には本体工事費用、別途工事費用、諸費用の三つがあります。この三つがどんなものかを把握しておくことで値引き交渉に役立てることができます。三つの費用を説明し、どんな交渉ができるかを考えます。
注文住宅の値引き交渉が与える影響
ハウスメーカーであれ工務店であれ、値引き交渉に応じてくれることはあります。しかし大幅な値引きを要求するとそのしわ寄せが材料や仕事の質に影響を与えることになりかねません。ハウスメーカーと工務店での値引きの注意点をまとめました。
日本全国の注文住宅の相場を知って値引き交渉に役立てよう
注文住宅の相場を知るというのは値引き交渉をするうえでとても重要なポイントとなります。木造の注文住宅と鉄骨造りの注文住宅では地域によって相場が大きく異なります。その相場について説明し、どのように値引き交渉をすべきかを考えます。
注文住宅を作る会社選びが値引き交渉に役立つ
注文住宅を建てる際に非常に重要なのが会社選びです。注文住宅値引き交渉をスムーズに行うためにも複数の会社から見積もりを取ることが非常に重要です。その取り方と、どんな点に注目すべきかについて説明しています。
注文住宅の見積書を使って値引き交渉をスムーズに進めよう
注文住宅の見積もりは複数の会社からとるというのが基本です。しかし金額だけを比較すると失敗してしまいます。どんな点を考慮する必要があるのか、その点をどのように値引き交渉に利用できるのかについて説明します。
見積書と予算を合わせると注文住宅の値引き交渉がスムーズに
注文住宅の見積書と予算に差がある場合には、予算の最適化をしなければなりません。いろいろな方法がありますが、自分も我慢しているということを伝えることで値引き交渉をスムーズに進めることができることもあります。その方法についてまとめました。