注文住宅の値引き交渉が与える影響

注文住宅の値引き交渉が与える影響

注文住宅の値引き交渉が与える影響

 

値引き交渉が与える影響

 

ハウスメーカーであっても工務店であっても、交渉次第で注文住宅を値引きしてくれるというところはあります。

 

 

 

中には数百万円の値引きをしてくれるというメーカーもあるので、より安く住宅を作ってくれるところに依頼したいという気持ちはわかります。

 

 

 

しかし値引き交渉だけに精力を傾けてしまうと、仕事の精度に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。その影響について少し考えてみることにしましょう。

 

ハウスメーカーの場合

 

ハウスメーカーは厳しい基準によって材料を選んでいます。さらに提携している大工なども数多くいるので、人材が足りないということもありません。

 

 

 

しかしそんな中で値引き交渉をして数百万円単位の値引きを勝ち取ったとなると、特定の部分のグレードを下げたか、工期を短くしたかのどちらかが考えられます。

 

 

 

モデルハウスなどではハウスメーカーが提供したい最高のグレードが使われています。一方で値引きされた注文住宅では、壁紙やキッチンなどのグレードを下げてしまっていることが少なくありません。

 

注文住宅の値引き交渉が与える影響

 

値引き交渉をして満足していたのに、実はグレードが下がっていたとなるとがっかりしてしまうことでしょう。そうならないために担当者としっかり話をして、自分の希望はかなえつつ最大限の値引きを得られるようにしたいところです。

 

 

 

一方で工期が短くなった場合には、職人たちの仕事が雑になってしまうということが考えられます。工期が本来2週間あるべきところを10日でやらせれば人件費は安くなりますが、その分仕事が雑になることは少し考えれば明らかです。

 

 

 

住宅の目に見える部分はしっかりと工事がされていても、目に見えない部分で手を抜かれてしまうということはあるかもしれません。

 

工務店の場合

 

もしハウスメーカーではなく工務店が家を建てている場合には、無理な値引き交渉はさらに深刻な影響を及ぼします。というのは工務店は材料が規格化されているわけではないので、値引きの影響が材料の質に現れるからです。

 

 

 

つまり材料の質を落として値引きの分の埋め合わせをする事になってしまいます。こうなると理想の家ができないだけでなく、注文住宅の寿命が短くなってしまうことが考えられるでしょう。

 

 

 

さらに材料の質が悪くなると、職人や大工の仕事にも影響が出てしまうことがあるのです。注文住宅の値引き交渉は大切ですが、あまりに値引きにこだわってしまうと住宅自体に影響が出てしまうかもしれないので注意するようにしてください。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉は難しい
注文住宅の値引き交渉は、建売の住宅を買う時よりも難しいと言われています。その理由は注文住宅の最終的な価格が決まっていないからです。建売住宅と注文住宅の値引き交渉の違いと、値引きの注意点についてまとめました。
注文住宅の値引き交渉をする方法
注文住宅の値引き交渉はとても難しいものです。しかし計画変更によって費用を節約することはできます。計画変更が値引きへの近道なのですが、それ以外にもしっかりと希望の金額を伝えることで値引きに成功することもあることを説明します。
注文住宅の値引き交渉するために知っておくべき費用
注文住宅の建築に必要な費用には本体工事費用、別途工事費用、諸費用の三つがあります。この三つがどんなものかを把握しておくことで値引き交渉に役立てることができます。三つの費用を説明し、どんな交渉ができるかを考えます。
日本全国の注文住宅の相場を知って値引き交渉に役立てよう
注文住宅の相場を知るというのは値引き交渉をするうえでとても重要なポイントとなります。木造の注文住宅と鉄骨造りの注文住宅では地域によって相場が大きく異なります。その相場について説明し、どのように値引き交渉をすべきかを考えます。
注文住宅を作る会社選びが値引き交渉に役立つ
注文住宅を建てる際に非常に重要なのが会社選びです。注文住宅値引き交渉をスムーズに行うためにも複数の会社から見積もりを取ることが非常に重要です。その取り方と、どんな点に注目すべきかについて説明しています。
注文住宅の見積書を使って値引き交渉をスムーズに進めよう
注文住宅の見積もりは複数の会社からとるというのが基本です。しかし金額だけを比較すると失敗してしまいます。どんな点を考慮する必要があるのか、その点をどのように値引き交渉に利用できるのかについて説明します。
注文住宅の見積書を細かくチェックすれば値引き交渉ができます
注文住宅の見積書にはいろいろな要素が含まれています。例えば断熱工事一つをとっても、どの会社が信頼のおける会社なのかを判断する材料になります。どのように見積書・内訳書を見るべきなのか、そのポイントについて解説します。
見積書と予算を合わせると注文住宅の値引き交渉がスムーズに
注文住宅の見積書と予算に差がある場合には、予算の最適化をしなければなりません。いろいろな方法がありますが、自分も我慢しているということを伝えることで値引き交渉をスムーズに進めることができることもあります。その方法についてまとめました。