注文住宅の値引き交渉をする方法

注文住宅の値引き交渉をする方法

注文住宅の値引き交渉をする方法

 

値引き交渉をする方法

 

注文住宅はそもそも最終的な価格が決まっていないので、値下げ交渉が難しいと言われています。そうは言っても、やはりいくらかでも安くしたいと思うのは当然のことです。

 

 

 

いったいどうすれば難しい値下げ交渉をあまりせずに、注文住宅の価格を下げることができるでしょうか。

 

計画変更がもっとも近道

 

元も子もないかもしれませんが、もっとも簡単に価格を下げる方法は計画の変更です。といっても自分の好きなようにカスタマイズできるのが注文住宅の良いところなので、計画を変更してしまっては注文住宅にする意味がないと思うかもしれません。

 

 

 

しかしちょっと工夫するだけで価格を大幅に下げることもできます。例えば使う材料を変更するとか、間取りを少しだけ変えてみるといった工夫です。

 

 

 

材料に特にこだわりを持って家を建てている方もいますが、もしそれほど強いこだわりがないのであれば、少し安い材料を使うだけで大きく費用を削減できるかもしれません。

 

注文住宅の値引き交渉をする方法

 

さらに今流行りのDIYで費用を削減することも可能です。家自体はハウスメーカーなどに作ってもらいますが、自分で出来るところは自分で作ってみるということもできるでしょう。

 

 

 

DIYで作ることができれば人件費などはかからないので費用を抑えることができます。こうした少しの計画変更によって注文住宅の価格を下げることができるのです。

 

交渉次第で値下げも可能

 

それでも交渉して値下げを勝ち取りたいという方は、値下げ交渉で絶対必要なポイントを押さえておきましょう。注文住宅の値下げ交渉で絶対に必要なのは、いくらなら払えるかを明確にするということです。

 

 

 

ただやみくもに価格を下げろといっても応じてくれるハウスメーカーはありません。ハウスメーカーも利益を上げるために最低限のラインを持っているからです。

 

 

 

そのラインから価格が下がることは絶対にありませんし、利益が出る範囲であれば値下げするということもあるでしょう。

 

 

 

したがって注文住宅を作る人がいくらまで下げてほしいというラインを示せば、そこまで下げられるのかどうかを教えてくれます。希望通りの値引きでなくても、できるだけ希望に沿うように値下げをしてくれるかもしれません。

 

 

 

値引き交渉をする際には、自分の希望額を伝えて営業担当者としっかり話し合うようにしましょう。

 

 

 

ただし、あまりごねすぎると逆に愛想をつかされてしまうこともあるので注意が必要です。上手に交渉して、ハウスメーカーなどから値引きを勝ち取りましょう。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉は難しい
注文住宅の値引き交渉は、建売の住宅を買う時よりも難しいと言われています。その理由は注文住宅の最終的な価格が決まっていないからです。建売住宅と注文住宅の値引き交渉の違いと、値引きの注意点についてまとめました。
注文住宅の値引き交渉するために知っておくべき費用
注文住宅の建築に必要な費用には本体工事費用、別途工事費用、諸費用の三つがあります。この三つがどんなものかを把握しておくことで値引き交渉に役立てることができます。三つの費用を説明し、どんな交渉ができるかを考えます。
注文住宅の値引き交渉が与える影響
ハウスメーカーであれ工務店であれ、値引き交渉に応じてくれることはあります。しかし大幅な値引きを要求するとそのしわ寄せが材料や仕事の質に影響を与えることになりかねません。ハウスメーカーと工務店での値引きの注意点をまとめました。
日本全国の注文住宅の相場を知って値引き交渉に役立てよう
注文住宅の相場を知るというのは値引き交渉をするうえでとても重要なポイントとなります。木造の注文住宅と鉄骨造りの注文住宅では地域によって相場が大きく異なります。その相場について説明し、どのように値引き交渉をすべきかを考えます。
注文住宅を作る会社選びが値引き交渉に役立つ
注文住宅を建てる際に非常に重要なのが会社選びです。注文住宅値引き交渉をスムーズに行うためにも複数の会社から見積もりを取ることが非常に重要です。その取り方と、どんな点に注目すべきかについて説明しています。
注文住宅の見積書を使って値引き交渉をスムーズに進めよう
注文住宅の見積もりは複数の会社からとるというのが基本です。しかし金額だけを比較すると失敗してしまいます。どんな点を考慮する必要があるのか、その点をどのように値引き交渉に利用できるのかについて説明します。
注文住宅の見積書を細かくチェックすれば値引き交渉ができます
注文住宅の見積書にはいろいろな要素が含まれています。例えば断熱工事一つをとっても、どの会社が信頼のおける会社なのかを判断する材料になります。どのように見積書・内訳書を見るべきなのか、そのポイントについて解説します。
見積書と予算を合わせると注文住宅の値引き交渉がスムーズに
注文住宅の見積書と予算に差がある場合には、予算の最適化をしなければなりません。いろいろな方法がありますが、自分も我慢しているということを伝えることで値引き交渉をスムーズに進めることができることもあります。その方法についてまとめました。