注文住宅の値引き交渉のタイミングは業者とプランを確定するとき!

注文住宅の値引き交渉のタイミングは業者とプランを確定するとき!

注文住宅の値引き交渉のタイミングは業者とプランを確定するとき!

 

注文住宅の値引き交渉のタイミング

 

注文住宅を建てることを検討した際、まずは複数の業者に見積書を作成してもらいましょう。住宅メーカーや工務店など色々な所から見積書を出してもらって、項目を一つずつチェックしていくことが大切です。

 

 

 

注文住宅は一生のうちでとても大きな買い物になるはずですから、多くの業者に会って、各社の強みや姿勢なども隈なくチェックしていきましょう。

 

 

 

多くの業者に会うのは面倒な作業かもしれませんが、自分にとって最良の相手を探すには必要なプロセスです。ここが良いと思える業者に会えるまで努力していきましょう。

 

 

 

何社か気になる業者が見つかったら、プランや仕様を揃えた見積書を出してもらってください。そしてそれぞれの見積書を比較しながら、競合他社が出している安い金額のものをうまく利用して、業者側にさらに値引きしてもらえるように促しましょう。

 

本当に必要なものを予算内で作っていこう!

 

意中の業者が決まれば、後から大幅な変更がないように、プランや仕様を確定してください。ここからが値引き交渉の最大のタイミングです。

 

 

 

明確なプランを元に、業者側に最大限の努力をしてもらってください。施主も自分がどのような家に住みたいか、そのためには何を優先するかを明確にして相手に伝えて、業者と一緒になって注文住宅作りに挑みましょう。

 

 

 

最終段階に入った頃にはかなり日にちが経過していて、お互い本音で話合えるようになっているはずですから、予算内におさまるように不要な項目を削除していきます。

 

 

 

例えば本当にアプローチの装飾やトイレのカウンターは必要でしょうか?不要なものを削除していくだけで、かなりのコストダウンに繋がります。

 

注文住宅の値引き交渉のタイミングは業者とプランを確定するとき!

 

それから豪華な設備やプランが複雑で手間がかかるような所もコストが高くなりますので、思い切って止めてしましましょう。「これじゃなきゃダメ!」というこだわりを捨てることが一番です。

 

 

 

業者も注文住宅のプロですから、お互い打ち解けて話し合えるようになれば、代替プランを考えてくれるはずです。もしそれでも予算内におさまらなかった場合は、その業者とは縁がなかったということです。

 

 

 

少々の予算オーバーでも構わないと気軽な気持ちで住宅ローンを組んでしまったら、後で苦しくなるのは自分ですから、たとえ気に入った業者であっても予算をオーバーするようであればお断りしましょう。

 

 

 

予算内におさまって、ついに契約のハンコをつくという段階では、最後のひと押しでオプションを交渉してみてください。

 

 

 

契約段階ですから、意外にあっさりオプションを追加してくれる可能性が高いです。お得に注文住宅を建てたいなら契約前の最終段階がポイントです。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者から見積もりを取って比較することが大切
注文住宅は値引き交渉をすると欠陥住宅になる危険性があるのでおすすめできません。それよりも複数の業者で相見積もりをとって、項目を一つずつ比較して、グレードを下げたり、不要なものを削除していくことが費用を抑える鍵です。
注文住宅は一つずつの項目をチェックしていくことで値引き交渉をしたくらいのコストダウンにつながる
注文住宅は最初から値引き交渉ありきのような強引な態度で臨むのではなく、業者と一つずつの項目を時間をかけて吟味していきましょう。結果的に値引き交渉をしたのと同じくらいのコストダウンに繋がりますし、良い注文住宅を建てられます。
注文住宅の値引き交渉のタイミングは、見積書をベースにしてプランや仕様を変更する時です
注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者に見積書を出してもらって、不要な項目がないかチェックしてみましょう。それから見積書をベースにして、プランの変更や仕様の変更をしてみて、無理のないプランを再構築することがコツです。
注文住宅を建てるのであれば、値引き交渉ではなく、オプションを追加してコストダウンを実現しよう
そもそも注文住宅で値引きしてもらおうという考えはやめた方が無難です。それよりも見積もりを元に不要な項目を削除したり、オプションを追加してもらうことで結果的に値引き交渉をしたのと同じくらいのコストダウンを実現しましょう。
自分の希望の注文住宅を建てるためには強引な値引き交渉ではなく、まず見積書の洗い出しを
自分の思い描く注文住宅を建てるのであれば、値引き額の大小にはこだわらずに、まず見積書の項目を一つずつ洗い出すのが先決です。その上でオプションの追加をお願いすれば、値引き交渉をした時と同じくらいのお得感を感じることができるでしょう。
本当に価値のある注文住宅を建てたいなら、最初から値引き交渉をしようという考えは捨ててください
注文住宅は最初から値引き交渉をしようとすると、住宅メーカー側に見積書を調整されてしまうのがオチなので止めましょう。それよりも一緒になってプランや仕様の変更を考えてくれる住宅メーカーを探すことが、満足のいく家づくりを実現するのに重要です。
注文住宅を安く建てることができるかどうかは値引き交渉ではなく、信用できる業者に会えるかどうか
注文住宅を安く建てるには、各業者から見積書を提出してもらって、時間をかけて話し合っていき、最終的に本当に信用できる業者に出会うことが鍵となります。その上で、不要な項目の削除やプランの変更等によって、費用を抑えていきましょう。
注文住宅は値引き交渉では無く、見積書を元に相談して話を進めていく方が効果的
注文住宅で最初から値引きしますという話は、欠陥住宅を渡される可能性が高まるので避けてください。それよりも見積書を元に不要な項目を削除したり、プランを変更したりする方が、結果的に値引き交渉をするくらいの効果があります。
注文住宅は最初から値引き交渉をするのではなく、プランが確定してから行うのがベスト
注文住宅の値引き交渉のタイミングは設備や仕様が固まって、複数の業者から再度見積書を提出してもらった時です。競合他社の見積書をうまく利用して、業者に最大限努力してもらうようにお願いしてみましょう。最初から値引き交渉ありきの姿勢は避けましょう。