注文住宅を安く建てることができるかどうかは値引き交渉ではなく、信用できる業者に会えるかどうか

注文住宅を安く建てることができるかどうかは値引き交渉ではなく、信用できる業者に会えるかどうか

注文住宅を安く建てることができるかどうかは値引き交渉ではなく、信用できる業者に会えるかどうか

 

注文住宅の業者

 

注文住宅を買いたいなという時、営業さんが「今契約をしてくれたら、300万円ほど値引きしますよ」という提案をしてくれたとします。

 

 

 

あなたはこれをどう思いますか?確かに住宅の購入というと数千万円かかりますから、少しでも費用は安い方が良いものですよね。

 

 

 

しかし初めから建築費用がわかっている建売住宅の販売と違って、まだどれくらいの工事費がわからない状態である注文住宅の場合、最初から値引きを提示してくる営業さんはあまり信用しない方が良いでしょう。

 

 

 

最初から値引きを提示してくる営業さんが全て悪いとはいいませんが、工事費が決まっていない時点での値引きはありえませんから、結果的に欠陥住宅を作られるリスクが高いです。

 

注文住宅で費用を抑える方法とは

 

それでは注文住宅では値引き交渉はありえないのでしょうか?確かに値引き交渉という考えは捨てた方が無難ですが、やり方次第では費用を安く抑えることができ、結果的に満足できる注文住宅を買うことができます。

 

 

 

その方法はとてもシンプルな事ですが、見積書に記載されているそれぞれの項目についてコストダウンできるように業者と相談していくという方法です。

 

 

 

意外に簡単な事なのですが、注文住宅は金額が大きいので、どうしても金額にばかり目がいきがちです。そのため工事費が安くなるように仕様を変更したり、プランを変えたりする事をおろそかにしてしまうのです。

 

 

 

規格外の工事箇所が多かったり、複雑なプランで手間がかかったりすれば、それだけ工事費が高くなります。また高級な設備を沢山入れてしまったがために、材料費が跳ね上がってしまうことも起こるものです。

 

注文住宅を安く建てることができるかどうかは値引き交渉ではなく、信用できる業者に会えるかどうか

 

まずはプランや仕様の見直しを行い、グレードを下げたり、不要な項目は削除するなどして、工事費を抑えるように努力しましょう。

 

 

 

一つ一つの項目について、自分一人で考えるのではなく、業者さんと相談してより良いプランを作っていくことです。「こうしてほしい」という要求ばかりするのではなく、「何を優先したいのか」を考えてから業者に相談するようにしましょう。

 

 

 

業者さんと本音で話せるようになるには、まず複数の業者から見積書を出してもらうことが先決です。複数の業者と時間をかけて話し合って、最終的にこの業者に注文したいという1社を選びましょう。

 

 

 

時間をかけて複数の業者と話し合い、最終段階になって、色々な事を相談できる業者に出会うことができるかどうかが、注文住宅を安く建てる鍵となりあます。

 

 

 

いわゆる値引き交渉ではないですが、値引きしたのと同じくらい費用を抑えて、かつ自分が納得いく住宅を建てることができるので、まずは信用できる1社を探しあててください。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者から見積もりを取って比較することが大切
注文住宅は値引き交渉をすると欠陥住宅になる危険性があるのでおすすめできません。それよりも複数の業者で相見積もりをとって、項目を一つずつ比較して、グレードを下げたり、不要なものを削除していくことが費用を抑える鍵です。
注文住宅は一つずつの項目をチェックしていくことで値引き交渉をしたくらいのコストダウンにつながる
注文住宅は最初から値引き交渉ありきのような強引な態度で臨むのではなく、業者と一つずつの項目を時間をかけて吟味していきましょう。結果的に値引き交渉をしたのと同じくらいのコストダウンに繋がりますし、良い注文住宅を建てられます。
注文住宅の値引き交渉のタイミングは、見積書をベースにしてプランや仕様を変更する時です
注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者に見積書を出してもらって、不要な項目がないかチェックしてみましょう。それから見積書をベースにして、プランの変更や仕様の変更をしてみて、無理のないプランを再構築することがコツです。
注文住宅を建てるのであれば、値引き交渉ではなく、オプションを追加してコストダウンを実現しよう
そもそも注文住宅で値引きしてもらおうという考えはやめた方が無難です。それよりも見積もりを元に不要な項目を削除したり、オプションを追加してもらうことで結果的に値引き交渉をしたのと同じくらいのコストダウンを実現しましょう。
自分の希望の注文住宅を建てるためには強引な値引き交渉ではなく、まず見積書の洗い出しを
自分の思い描く注文住宅を建てるのであれば、値引き額の大小にはこだわらずに、まず見積書の項目を一つずつ洗い出すのが先決です。その上でオプションの追加をお願いすれば、値引き交渉をした時と同じくらいのお得感を感じることができるでしょう。
本当に価値のある注文住宅を建てたいなら、最初から値引き交渉をしようという考えは捨ててください
注文住宅は最初から値引き交渉をしようとすると、住宅メーカー側に見積書を調整されてしまうのがオチなので止めましょう。それよりも一緒になってプランや仕様の変更を考えてくれる住宅メーカーを探すことが、満足のいく家づくりを実現するのに重要です。
注文住宅は値引き交渉では無く、見積書を元に相談して話を進めていく方が効果的
注文住宅で最初から値引きしますという話は、欠陥住宅を渡される可能性が高まるので避けてください。それよりも見積書を元に不要な項目を削除したり、プランを変更したりする方が、結果的に値引き交渉をするくらいの効果があります。
注文住宅の値引き交渉のタイミングは業者とプランを確定するとき!
注文住宅の見積書を見比べて、お願いする業者を決めましょう。業者と相談しながらプランを確定していく時が値引き交渉のタイミングです。予算内におさまるように代替プランを用意してもらったり、オプションを追加してもらってお得に家を建てましょう。
注文住宅は最初から値引き交渉をするのではなく、プランが確定してから行うのがベスト
注文住宅の値引き交渉のタイミングは設備や仕様が固まって、複数の業者から再度見積書を提出してもらった時です。競合他社の見積書をうまく利用して、業者に最大限努力してもらうようにお願いしてみましょう。最初から値引き交渉ありきの姿勢は避けましょう。