自分の希望の注文住宅を建てるためには強引な値引き交渉ではなく、まず見積書の洗い出しを

自分の希望の注文住宅を建てるためには強引な値引き交渉ではなく、まず見積書の洗い出しを

自分の希望の注文住宅を建てるためには強引な値引き交渉ではなく、まず見積書の洗い出しを

 

注文住宅の値引き交渉は見積もりから

 

注文住宅を建てるのに大切なことは強引な値引き交渉ではなく、まず自分の予算はいくらかを把握し、その希望額に応じて不要な項目を削除していくことです。例えば予算が2,800万円だったとしたら、業者側には2,500万円だと伝えてください。

 

 

 

業者側が最初に出してくる見積書は、こちら側が伝えた2,800万円よりも多少オーバーしているはずです。その金額の中には元々値引き額が含まれています。

 

 

 

ここで数百万円の値引きを提示してきたとしても、その値引き額は織り込み済みですから、値引き金額に流されないようにしましょう。くどいようですが、大切なことは値引き額の大小ではなく、希望に沿った注文住宅を予算内で作ることです。

 

 

 

強引な値引きを強いたことで、グレードが一番低い建材を使われてしまったり、人件費の削減のために大幅な工期の短縮をされたりして、欠陥住宅を作られてしまう可能性だってあるのです。

 

 

 

安心して住んでいくためには金額の大小にこだわるのではなく、まずは見積書を通して内容をチェックするようにして見ましょう。

 

プランの変更と不要なアイテムの削除例

 

例えば、キッチンの壁をタイル張りからパネルにしてみるとか、ベッドルームだけ塗り壁を板張りにしてみる等のプラン変更によって、かなりのコストダウンが見込まれます。

 

 

 

またトイレのカウンターや壁に埋め込まれた棚なども不要だと思えば、思い切って削除してしまいましょう。このようにプランを変更したり不要な項目を削除することは、値引き交渉ではありませんが、数百万円のコストダウンに繋がります。

 

自分の希望の注文住宅を建てるためには強引な値引き交渉ではなく、まず見積書の洗い出しを

 

また現場で作業をしてくれる職人さんたちにとっても無理なお願いをすることになりませんから、現場の士気が下がらず、安心して住むことができる注文住宅を建ててくれるはずです。

 

 

 

業者側も手を抜くような職人さんを集めることが無くなるでしょう。見積書をじっくり深掘りして、希望に近い注文住宅を実現するようにしていくことが鍵なのです。

 

オプションでお得感を

 

しかし、人間どうしても金額的に得したいと思うのが常ですよね。そういう場合は、契約をする段階になってからオプションをつけてもらうようにお願いしてみてはどうでしょうか?

 

 

 

業者もそろそろ契約を取りたいと考えてくる頃ですし、また大手の住宅メーカーであれば、お客さんに勧めるオプションをいくつか用意していますから、躊躇しないでオプションの追加をお願いしてみると良いでしょう。

 

 

 

オプションでウッドデッキを作ってもらったりすれば、値引き交渉ではないですけどお得感を感じることができます。

 

 

 

まずは金額に惑わされずに、自分の思い描く注文住宅に近づけるために見積書を洗い出し、そしてオプションを追加してみましょう。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者から見積もりを取って比較することが大切
注文住宅は値引き交渉をすると欠陥住宅になる危険性があるのでおすすめできません。それよりも複数の業者で相見積もりをとって、項目を一つずつ比較して、グレードを下げたり、不要なものを削除していくことが費用を抑える鍵です。
注文住宅は一つずつの項目をチェックしていくことで値引き交渉をしたくらいのコストダウンにつながる
注文住宅は最初から値引き交渉ありきのような強引な態度で臨むのではなく、業者と一つずつの項目を時間をかけて吟味していきましょう。結果的に値引き交渉をしたのと同じくらいのコストダウンに繋がりますし、良い注文住宅を建てられます。
注文住宅の値引き交渉のタイミングは、見積書をベースにしてプランや仕様を変更する時です
注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者に見積書を出してもらって、不要な項目がないかチェックしてみましょう。それから見積書をベースにして、プランの変更や仕様の変更をしてみて、無理のないプランを再構築することがコツです。
注文住宅を建てるのであれば、値引き交渉ではなく、オプションを追加してコストダウンを実現しよう
そもそも注文住宅で値引きしてもらおうという考えはやめた方が無難です。それよりも見積もりを元に不要な項目を削除したり、オプションを追加してもらうことで結果的に値引き交渉をしたのと同じくらいのコストダウンを実現しましょう。
本当に価値のある注文住宅を建てたいなら、最初から値引き交渉をしようという考えは捨ててください
注文住宅は最初から値引き交渉をしようとすると、住宅メーカー側に見積書を調整されてしまうのがオチなので止めましょう。それよりも一緒になってプランや仕様の変更を考えてくれる住宅メーカーを探すことが、満足のいく家づくりを実現するのに重要です。
注文住宅を安く建てることができるかどうかは値引き交渉ではなく、信用できる業者に会えるかどうか
注文住宅を安く建てるには、各業者から見積書を提出してもらって、時間をかけて話し合っていき、最終的に本当に信用できる業者に出会うことが鍵となります。その上で、不要な項目の削除やプランの変更等によって、費用を抑えていきましょう。
注文住宅は値引き交渉では無く、見積書を元に相談して話を進めていく方が効果的
注文住宅で最初から値引きしますという話は、欠陥住宅を渡される可能性が高まるので避けてください。それよりも見積書を元に不要な項目を削除したり、プランを変更したりする方が、結果的に値引き交渉をするくらいの効果があります。
注文住宅の値引き交渉のタイミングは業者とプランを確定するとき!
注文住宅の見積書を見比べて、お願いする業者を決めましょう。業者と相談しながらプランを確定していく時が値引き交渉のタイミングです。予算内におさまるように代替プランを用意してもらったり、オプションを追加してもらってお得に家を建てましょう。
注文住宅は最初から値引き交渉をするのではなく、プランが確定してから行うのがベスト
注文住宅の値引き交渉のタイミングは設備や仕様が固まって、複数の業者から再度見積書を提出してもらった時です。競合他社の見積書をうまく利用して、業者に最大限努力してもらうようにお願いしてみましょう。最初から値引き交渉ありきの姿勢は避けましょう。