注文住宅を建てるのであれば、値引き交渉ではなく、オプションを追加してコストダウンを実現しよう

注文住宅を建てるのであれば、値引き交渉ではなく、オプションを追加してコストダウンを実現しよう

注文住宅を建てるのであれば、値引き交渉ではなく、オプションを追加してコストダウンを実現しよう

 

注文住宅の値引き交渉はオプション追加

 

時々、ネットの口コミなどで、「注文住宅を建てるのに500万円も値引きしてもらった」というようなものを見ることがありますが、このような事態はまず発生しないと思って置いてください。

 

 

 

もちろん工務店の営業成績が悪くて何が何でも契約を取りたかった等、何か差し迫った理由があった場合は別ですが、このようなケースは稀で、注文住宅で値引きという概念はまず無いと考えた方が無難です。

 

 

 

例えばオーダーメイドでスーツを作る時に値引きという概念はそもそも無いですよね。

 

 

 

それと同じで、注文住宅はオーダーメイドの住宅であるわけですから、もし見積もりの段階で大幅な値引きをしてきたというのであれば、それは元々値引き額を考慮して見積書を作成してきた、という事を頭に入れて交渉に臨むようにしてください。

 

オプションの追加は食い下がろう!

 

それでは注文住宅は費用を抑えて建てることは不可能なのか、というと決してそうではありません。まずは複数の業者に見積書を出してもらって、内容を比較してみましょう。

 

 

 

業者の中には他社と比較されるのを嫌がって、「今契約をしてくれたら、◯◯万円値引きします!」と契約を催促してくる所もありますが、値引き額に惑わされず、軽く流すようにしましょう。

 

 

 

見積書の項目を一つ一つチェックして、不要な項目を削除したり、使用する建材のグレードを下げたりしていけば、値引き交渉をしたのを同じくらいのコストカットに繋がります。

 

注文住宅を建てるのであれば、値引き交渉ではなく、オプションを追加してコストダウンを実現しよう

 

面倒な作業と思うかもしれませんが、一生に一度の家づくりですから、ここは焦らず、ゆっくり不要な物の洗い出しをしてください。

 

 

 

またそれぞれの業者の強みや特徴なども合わせて質問して、最終的に検討する業者を2-3社に絞り込みましょう。そしてこの段階で、オプションをつけてもらうようにお願いしてみましょう。

 

 

 

オプションは3つくらい候補を用意しておいて、契約の段階までに何をオプションでつけてもらうか確認しておきましょう。オプションをつけてもらうことで結果的に数百万円の値引きをしたのと同じ状態になりますから、ここは食い下がってみましょう。

 

資金繰りにはご用心

 

最終的に契約となるわけですが、間違っても予算内で収まらない契約をしてはいけません。とても相性の良い業者を見つけたとしても、予算オーバーとなる契約書を出してきた所は縁がなかったと諦めることが賢明です。

 

 

 

見積書を複数見ていると、大きな金額に慣れてきてしまって、金額に対して感覚が麻痺してきてしまいます。

 

 

 

少々の予算オーバーなら払えると過信してしまいがちですから、無理な住宅ローンを組まないように、予算内で注文住宅を建ててくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者から見積もりを取って比較することが大切
注文住宅は値引き交渉をすると欠陥住宅になる危険性があるのでおすすめできません。それよりも複数の業者で相見積もりをとって、項目を一つずつ比較して、グレードを下げたり、不要なものを削除していくことが費用を抑える鍵です。
注文住宅は一つずつの項目をチェックしていくことで値引き交渉をしたくらいのコストダウンにつながる
注文住宅は最初から値引き交渉ありきのような強引な態度で臨むのではなく、業者と一つずつの項目を時間をかけて吟味していきましょう。結果的に値引き交渉をしたのと同じくらいのコストダウンに繋がりますし、良い注文住宅を建てられます。
注文住宅の値引き交渉のタイミングは、見積書をベースにしてプランや仕様を変更する時です
注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者に見積書を出してもらって、不要な項目がないかチェックしてみましょう。それから見積書をベースにして、プランの変更や仕様の変更をしてみて、無理のないプランを再構築することがコツです。
自分の希望の注文住宅を建てるためには強引な値引き交渉ではなく、まず見積書の洗い出しを
自分の思い描く注文住宅を建てるのであれば、値引き額の大小にはこだわらずに、まず見積書の項目を一つずつ洗い出すのが先決です。その上でオプションの追加をお願いすれば、値引き交渉をした時と同じくらいのお得感を感じることができるでしょう。
本当に価値のある注文住宅を建てたいなら、最初から値引き交渉をしようという考えは捨ててください
注文住宅は最初から値引き交渉をしようとすると、住宅メーカー側に見積書を調整されてしまうのがオチなので止めましょう。それよりも一緒になってプランや仕様の変更を考えてくれる住宅メーカーを探すことが、満足のいく家づくりを実現するのに重要です。
注文住宅を安く建てることができるかどうかは値引き交渉ではなく、信用できる業者に会えるかどうか
注文住宅を安く建てるには、各業者から見積書を提出してもらって、時間をかけて話し合っていき、最終的に本当に信用できる業者に出会うことが鍵となります。その上で、不要な項目の削除やプランの変更等によって、費用を抑えていきましょう。
注文住宅は値引き交渉では無く、見積書を元に相談して話を進めていく方が効果的
注文住宅で最初から値引きしますという話は、欠陥住宅を渡される可能性が高まるので避けてください。それよりも見積書を元に不要な項目を削除したり、プランを変更したりする方が、結果的に値引き交渉をするくらいの効果があります。
注文住宅の値引き交渉のタイミングは業者とプランを確定するとき!
注文住宅の見積書を見比べて、お願いする業者を決めましょう。業者と相談しながらプランを確定していく時が値引き交渉のタイミングです。予算内におさまるように代替プランを用意してもらったり、オプションを追加してもらってお得に家を建てましょう。
注文住宅は最初から値引き交渉をするのではなく、プランが確定してから行うのがベスト
注文住宅の値引き交渉のタイミングは設備や仕様が固まって、複数の業者から再度見積書を提出してもらった時です。競合他社の見積書をうまく利用して、業者に最大限努力してもらうようにお願いしてみましょう。最初から値引き交渉ありきの姿勢は避けましょう。