注文住宅の値引き交渉のタイミングは、見積書をベースにしてプランや仕様を変更する時です

注文住宅の値引き交渉のタイミングは、見積書をベースにしてプランや仕様を変更する時です

注文住宅の値引き交渉のタイミングは、見積書をベースにしてプランや仕様を変更する時です

 

注文住宅の値引き交渉のタイミング

 

注文住宅は高いというイメージがあります。

 

 

 

確かに建売住宅のように、すでに建物がある場合なら、業者側は早く物件を手放したいので、ある程度の値引き交渉に応じてくれますが、注文住宅は自分たちの希望に沿って住宅を建ててくれるものですから、費用が高くなりがちです。

 

 

 

しかしだからといって最初から諦める必要はありません。住宅を建てる前の見積もりの段階で、一つずつの項目をチェックして値引き交渉をすれば、予算内で注文住宅を建てることが出来る可能性があるのです。

 

値引き交渉は見積もりを出してもらうところから始まる

 

まず複数の業者から見積もりを出してもらいます。時々、知人に紹介された工務店で注文住宅を建てたら出来がよくなかったという話があります。知人には良い工務店でも、自分がその工務店と相性が良いとは限りません。

 

 

 

見積もりは紹介云々関係なく、出来るだけ多くの業者に依頼するようにしてください。もちろん見積もりの内容はどの業者も設備や仕様を同じにしてもらって、明確に違いがわかるようにしましょう。

 

 

 

家を建てる計画は、ほとんどの人が初めてなものです。見積もりを出されてもわからないことが多いものですが、複数の見積書を比較してみると、使用する建材のグレードや工事費の違いが見えるようになってきます。

 

 

 

各社の見積もりを並べてみて、「この部屋の床張りの費用は他社の方が安い理由は何ですか?」など気になることを全て質問してみましょう。そうすれば業者側も質問に応じてグレードを下げるなどの対応をしてくれるはずです。

 

注文住宅の値引き交渉のタイミングは、見積書をベースにしてプランや仕様を変更する時です

 

それから最初の希望の段階で気がつかなかった不要な部分が、見積書で上がってくると見え始めます。例えば「トイレのカウンターが不要だな」とか、「アプローチの植栽は不要だな」とかという具合に、不要な項目がだんだんわかってきます。

 

 

 

これらの項目は10万円単位のものが多く、複数の項目を削除していくことで、数百万円の値引きに繋がります。夢のマイホーム作りをケチりたくないと思うかもしれませんが、ここは自分の予算内に抑えるということを念頭に置いて、不要だと思えるものはどんどん削除していきましょう。

 

 

 

建売住宅と違って、注文住宅では、この見積書の比較の時が値引き交渉の絶好のタイミングです。プランの変更や仕様の変更も相談してみて、結果的に良い住宅を予算内で作るように交渉してみましょう。

 

 

 

プランの変更や仕様の変更なしに、値引き交渉だけをガチガチに進めていたら、現場の士気は下がる一方です。結果、手抜き工事による欠陥住宅を作られてしまったということも多々ありますから、見積書をベースに無理のないプランの作成を心がけてください。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者から見積もりを取って比較することが大切
注文住宅は値引き交渉をすると欠陥住宅になる危険性があるのでおすすめできません。それよりも複数の業者で相見積もりをとって、項目を一つずつ比較して、グレードを下げたり、不要なものを削除していくことが費用を抑える鍵です。
注文住宅は一つずつの項目をチェックしていくことで値引き交渉をしたくらいのコストダウンにつながる
注文住宅は最初から値引き交渉ありきのような強引な態度で臨むのではなく、業者と一つずつの項目を時間をかけて吟味していきましょう。結果的に値引き交渉をしたのと同じくらいのコストダウンに繋がりますし、良い注文住宅を建てられます。
注文住宅を建てるのであれば、値引き交渉ではなく、オプションを追加してコストダウンを実現しよう
そもそも注文住宅で値引きしてもらおうという考えはやめた方が無難です。それよりも見積もりを元に不要な項目を削除したり、オプションを追加してもらうことで結果的に値引き交渉をしたのと同じくらいのコストダウンを実現しましょう。
自分の希望の注文住宅を建てるためには強引な値引き交渉ではなく、まず見積書の洗い出しを
自分の思い描く注文住宅を建てるのであれば、値引き額の大小にはこだわらずに、まず見積書の項目を一つずつ洗い出すのが先決です。その上でオプションの追加をお願いすれば、値引き交渉をした時と同じくらいのお得感を感じることができるでしょう。
本当に価値のある注文住宅を建てたいなら、最初から値引き交渉をしようという考えは捨ててください
注文住宅は最初から値引き交渉をしようとすると、住宅メーカー側に見積書を調整されてしまうのがオチなので止めましょう。それよりも一緒になってプランや仕様の変更を考えてくれる住宅メーカーを探すことが、満足のいく家づくりを実現するのに重要です。
注文住宅を安く建てることができるかどうかは値引き交渉ではなく、信用できる業者に会えるかどうか
注文住宅を安く建てるには、各業者から見積書を提出してもらって、時間をかけて話し合っていき、最終的に本当に信用できる業者に出会うことが鍵となります。その上で、不要な項目の削除やプランの変更等によって、費用を抑えていきましょう。
注文住宅は値引き交渉では無く、見積書を元に相談して話を進めていく方が効果的
注文住宅で最初から値引きしますという話は、欠陥住宅を渡される可能性が高まるので避けてください。それよりも見積書を元に不要な項目を削除したり、プランを変更したりする方が、結果的に値引き交渉をするくらいの効果があります。
注文住宅の値引き交渉のタイミングは業者とプランを確定するとき!
注文住宅の見積書を見比べて、お願いする業者を決めましょう。業者と相談しながらプランを確定していく時が値引き交渉のタイミングです。予算内におさまるように代替プランを用意してもらったり、オプションを追加してもらってお得に家を建てましょう。
注文住宅は最初から値引き交渉をするのではなく、プランが確定してから行うのがベスト
注文住宅の値引き交渉のタイミングは設備や仕様が固まって、複数の業者から再度見積書を提出してもらった時です。競合他社の見積書をうまく利用して、業者に最大限努力してもらうようにお願いしてみましょう。最初から値引き交渉ありきの姿勢は避けましょう。