注文住宅は一つずつの項目をチェックしていくことで値引き交渉をしたくらいのコストダウンにつながる

注文住宅は一つずつの項目をチェックしていくことで値引き交渉をしたくらいのコストダウンにつながる

注文住宅は一つずつの項目をチェックしていくことで値引き交渉をしたくらいのコストダウンにつながる

 

注文住宅の値引き交渉とコストダウン

 

夢のマイホームは一生に一度の買い物になる人が多いですから、それだけ費用は高額になるものです。出来ることなら、誰でも費用は抑えたいところでしょう。

 

 

 

ネットの口コミなどを見ていると、「ゴリ押しをして値引きに成功した」といった様な経験談を掲載しているものもあります。

 

 

 

確かに建売住宅であれば、業者側は早期に住宅を販売しなければ、その間のコストを負担することになるので、大幅な値引きに応じてくれる可能性は高いです。しかし注文住宅の場合はそう簡単にはいきません。

 

 

 

建売住宅のように、先に住宅ありきでの場合と違い、0から住宅を建築していく注文住宅の場合では、一つずつの項目を業者と相談して積み上げていくケースがほとんどですから、最初から値引きを念頭に入れて見積もりを出してくれる可能性は極めて低いのです。

 

 

 

大手の住宅メーカーであれば、大幅な値引きを考慮した見積書を出してくれる可能性もありますが、その分、現場では工期の短縮を迫られたり、粗悪な材料を使わされたりなどの負担がのしかかり、職人さんの間の士気を下げることになりかねません。

 

 

 

結局グレードの低い注文住宅が完成してしまうリスクを高めてしまいますから、注文住宅で最初からゴリ押しの値引き交渉をしてやろうという姿勢で臨もうと思わないでください。

 

注文住宅は時間をかけて項目を吟味するのが鍵

 

注文住宅は豊富な資金がなければ建てることができないかというと、そんな事はありません。注文住宅を安く建てるポイントはズバリ「時間をかけて吟味する」という事です。

 

 

 

まず自分の希望に沿った注文住宅を建ててくれる業者を探すために、出来るだけ多くの業者から見積もりを取るようにしましょう。どんな出会いもそうですが、多くの業者に出会うことで、自分に合う業者に出会う確率が高まります。

 

 

 

そして気になる業者をいくつか選んだら、見積もりを見比べてみましょう。その際、仕様や設備は全て揃えるようにして比較しやすくしてください。

 

注文住宅は一つずつの項目をチェックしていくことで値引き交渉をしたくらいのコストダウンにつながる

 

見積書を比べてみると、業者によって得意な部分や法外に費用がかかっている部分などが明確になってきます。気になる部分は納得いくまで質問し、そしてグレードを下げたり、不要であると思える項目があれば、迷わず削除してもらいましょう。

 

 

 

一つの項目を削除するだけで、数十万円のコストダウンに繋がりますから、いくつかの不要な部分を取り除くだけで、結果的に数百万円の値引きに繋がるのです。

 

 

 

最初から値引きありきのような見積書を出してくる所よりも、このように一つずつの項目を洗い出してくれる業者の方が信用できますし、結果的にも良い注文住宅を建てることが出来るのでおすすめです。

 

 

関連ページ

注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者から見積もりを取って比較することが大切
注文住宅は値引き交渉をすると欠陥住宅になる危険性があるのでおすすめできません。それよりも複数の業者で相見積もりをとって、項目を一つずつ比較して、グレードを下げたり、不要なものを削除していくことが費用を抑える鍵です。
注文住宅の値引き交渉のタイミングは、見積書をベースにしてプランや仕様を変更する時です
注文住宅の値引き交渉はまず複数の業者に見積書を出してもらって、不要な項目がないかチェックしてみましょう。それから見積書をベースにして、プランの変更や仕様の変更をしてみて、無理のないプランを再構築することがコツです。
注文住宅を建てるのであれば、値引き交渉ではなく、オプションを追加してコストダウンを実現しよう
そもそも注文住宅で値引きしてもらおうという考えはやめた方が無難です。それよりも見積もりを元に不要な項目を削除したり、オプションを追加してもらうことで結果的に値引き交渉をしたのと同じくらいのコストダウンを実現しましょう。
自分の希望の注文住宅を建てるためには強引な値引き交渉ではなく、まず見積書の洗い出しを
自分の思い描く注文住宅を建てるのであれば、値引き額の大小にはこだわらずに、まず見積書の項目を一つずつ洗い出すのが先決です。その上でオプションの追加をお願いすれば、値引き交渉をした時と同じくらいのお得感を感じることができるでしょう。
本当に価値のある注文住宅を建てたいなら、最初から値引き交渉をしようという考えは捨ててください
注文住宅は最初から値引き交渉をしようとすると、住宅メーカー側に見積書を調整されてしまうのがオチなので止めましょう。それよりも一緒になってプランや仕様の変更を考えてくれる住宅メーカーを探すことが、満足のいく家づくりを実現するのに重要です。
注文住宅を安く建てることができるかどうかは値引き交渉ではなく、信用できる業者に会えるかどうか
注文住宅を安く建てるには、各業者から見積書を提出してもらって、時間をかけて話し合っていき、最終的に本当に信用できる業者に出会うことが鍵となります。その上で、不要な項目の削除やプランの変更等によって、費用を抑えていきましょう。
注文住宅は値引き交渉では無く、見積書を元に相談して話を進めていく方が効果的
注文住宅で最初から値引きしますという話は、欠陥住宅を渡される可能性が高まるので避けてください。それよりも見積書を元に不要な項目を削除したり、プランを変更したりする方が、結果的に値引き交渉をするくらいの効果があります。
注文住宅の値引き交渉のタイミングは業者とプランを確定するとき!
注文住宅の見積書を見比べて、お願いする業者を決めましょう。業者と相談しながらプランを確定していく時が値引き交渉のタイミングです。予算内におさまるように代替プランを用意してもらったり、オプションを追加してもらってお得に家を建てましょう。
注文住宅は最初から値引き交渉をするのではなく、プランが確定してから行うのがベスト
注文住宅の値引き交渉のタイミングは設備や仕様が固まって、複数の業者から再度見積書を提出してもらった時です。競合他社の見積書をうまく利用して、業者に最大限努力してもらうようにお願いしてみましょう。最初から値引き交渉ありきの姿勢は避けましょう。